腸活ダイエット

【駆け込みドクター】腸内環境の理想的なバランスの割合はコレ!

5月31日の駆け込みドクターは、「腸内環境スペシャル」。
腸内環境とは、大腸にいる細菌の状態。
腸内環境が悪くなると下痢や便秘だけでなく、がんや動脈硬化、肌トラブルや肥満など大きく影響が出ます。

食べたものが直接届く「腸」。
どんな食事をするかで腸の状態は大きく変化します。

腸内フローラとは、腸の中の細菌の集まりのこと。
その種類はなんと100種類、100兆を超える細菌がすんでいます。
100兆もの細菌を敷き詰められたお花畑に見立てて、「腸内フローラ」と呼んでいます。

腸内環境のバランスが重要!

腸内細菌は、「善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)」「悪玉菌(大腸菌など)」「日和見菌」の3種類で重要なのはこれらのバランス。

理想的なのは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7のバランス。

善玉菌・・・消化吸収の促進、免疫力アップ。
さらに、体内の有害物質を排除し、悪玉菌を増殖を抑える働きがあります。
乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の代表。

悪玉菌・・・腸の中に有害な物質を作り、免疫力を低下させます。
悪玉菌が増えるとがんなどのリスクを上げることに。
一方で、腸の中に入ってきた病原菌を退治する役割も持っています。

日和見菌・・・良い働きも悪い働きもする菌。
善玉菌が優勢ならば良い働きを、悪玉菌が優勢ならば悪い働きをします。

腸内環境のバランスは、幼少期の食生活に影響を受けるので、幼少期に決まるとのこと。
そのため、家族の腸内環境は似ていることが多いそうです。

大腸がん

日本人に急増する大腸がん。
50年前にに比べると、大腸がんの患者数は、約10倍増加しているとのこと。
女性がなくなるがんで、第1位が「大腸がん」

なぜ、大腸がんが増えているのでしょうか?

原因は、食事の欧米化、ストレス、運動不足。
これらが腸内環境を乱すことによって、悪玉菌が増えることによって、がん化につながります。

日本人の食事の変化

10年前の1995年~2005年までは魚をよく食べていたが、2006年を境に肉と魚の摂取量が逆転。
お肉の食べ過ぎが食の欧米化へとつながっています。

お肉は人間にとって必要な動物性タンパク質で、日本人の寿命を上げたと同時に、大腸がんのリスクも高めてしまうという皮肉な結果に。

世界がん研究基金の発表によると、赤身の肉を1日500g以上食べると、大腸がんのリスクが上昇するそうです。

お肉は重要なエネルギーですが、食べ過ぎは要注意!
バランスが大切です。

大腸がん5つの初期症状

大腸がんは、なんといっても、「早期発見、早期治療」が大切!

・便に血がまじっているときは注意
・下痢と便秘を繰り返していると危険
・細い便が続いていたら注意
・お腹が張って苦しい状態が続くのは危険なサイン
・便をしても残便感に襲われる

これらは、風邪・便秘・痔などでも同様の症状があるので、見逃してしまうことがあります。

いつもと違う異変を感じたら、病院で受診しましょう。

関連記事

  1. 【駆け込みドクター】便秘・下痢解消に効く4つのツボとは?
  2. 第二の脳と呼ばれる腸が乱れると太りやすくなる!
  3. むくみ腸が原因のぽっこりお腹を解消する生姜ココアの作り方
  4. 腸を知って身体のお悩み解決!ココナッツヨーグルトドリンクで夏老け…
  5. 腸内環境を整える食品と食事の食べ方
  6. 腸内環境をよくする食べ物
  7. ダイエット成功のカギは美腸と酵素!
  8. 腸内環境を整えるヨーグルトの乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ファイブデイズプレミアムダイエット

運動が苦手!食べるダイエット派

面倒なことはイヤ!飲むダイエット派

腸の乱れが太る原因!腸活ダイエット

PAGE TOP