世界一受けたい授業

炭水化物摂取ダイエット&NEAT(ニート)で痩せる【世界一受けたい授業】

2015年7月25日の世界一受けたい授業で、炭水化物を食べるダイエット法
が紹介されていました。
炭水化物抜きダイエットは有名ですが・・・炭水化物を摂取することで
ダイエットできるなんてビックリ!
ご飯やパンを美味しく食べながらダイエットができたら夢のようですよね。

痩せたければ炭水化物を食べろ!
教えてくれるのは、京都大学、肥満研究の権威 森谷敏夫先生(65歳)。

炭水化物抜きダイエットの危険性

炭水化物抜きダイエットで最も減るのは、脂肪ではなく、体の中の水分。
そもそも炭水化物がなぜ大事なのかと言うと、炭水化物に含まれる糖質が
脳を動かす唯一のエネルギーだから。

1日に2000kcal摂取すると、その約2割の400kcalが脳のエネルギーとして
使われます。
おにぎりだと約2.5個分が必要になります。
糖質は4倍の水分と結合し、グリコーゲンとして体内の筋肉の一部になり
貯蔵されるので、筋肉はみずみずしいのです。

しかし、炭水化物抜きダイエットを始めると、脳を動かす糖質が不足してしまい、
まず肝臓に貯蔵していた糖質を使いますが、少なくなってくると、筋肉のグリコーゲン
を水と糖質に分解し、脳のエネルギーとして使ってしまいます。
炭水化物を抜くと、グリコーゲンが分解され、水が体の外に出ていくので、
体重は劇的に減ります。
さらに、炭水化物抜きダイエットを続けるうちに、筋肉がやせ細り、体重は減りますが、
脂肪の量は変わらないという「隠れ肥満」になります。
しかも、炭水化物を摂らない人は、摂る人に比べて、死のリスクが男性で1.5倍、
女性で1.35倍にも増えるとのこと。

炭水化物摂取ダイエット

しっかりと炭水化物を食べて、バランスの良い食事をすれば、太るわけではない!
と、森谷先生。
炭水化物の摂取量の目安は、毎食のエネルギーの60%程度。

和食の場合、下の画像が量が目安。

洋食の場合、下の画像が量が目安。

同じカロリーで、炭水化物が多い食事と少ない食事とで、どっちがカロリーが
たくさん燃えるか?という実験をしたところ、炭水化物が多い食事を摂った方
がカロリーが燃えやすいということが判明。

世界一受けたい授業 炭水化物摂取ダイエット

炭水化物は発熱しやすく、ご飯を食べた後にポカポカ感じるのは、
食べたものを分解したり、輸送したり、エネルギーに変える時もエネルギー
を使うから。
炭水化物は非常に燃えやすく、体にあまり残らないから痩せやすいというワケ
なのです。

体脂肪率を測らなくても「隠れ肥満」が最も分かる体の部分はどこ?

それは、足首。
筋肉がない分、重力の影響で足首の周りの筋肉が下へ引っ張られるので、
象の足みたいになります。

世界一受けたい授業 炭水化物摂取ダイエット

ダイエットに効果的なオススメの運動法

何気ない日常での「運動」や「活動」などの動作を「NEAT(ニート)」
と言いますが、このNEATが大事なんだそう。

世界一受けたい授業 炭水化物摂取ダイエット

運動という運動ではないけれど、日常の動作に伴う立ったり座ったりする
総エネルギー量はすごく大きいとのこと。
座る→立つ、という動作は、カロリー消費が約20%もアップ!
座る→歩くという動作は、カロリー消費が約300%もアップ!

このような日常の動作で、消費するエネルギーの約4割くらいは消費
されるそうですよ♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ファイブデイズプレミアムダイエット

運動が苦手!食べるダイエット派

面倒なことはイヤ!飲むダイエット派

腸の乱れが太る原因!腸活ダイエット

PAGE TOP