むくみ

【その原因、Xにあり】パルメザンチーズとかつおだしで作る減塩おでんの裏ワザレシピ

2017年2月14日のその原因、Xにあり!は、生活習慣病を予防!激ウマおでん裏ワザレシピ。
日常的についつい塩分を摂りすぎてしまいがちですが、塩分を減らしてもうま味を足すことで十分美味しく食べられるとのこと。塩分カットにオススメの2つのうま味食材が「パルメザンチーズ」と「かつおだし」。
チーズ臭くならずうま味成分を引き出す驚きの方法は必見です♪

なぜ現代人は塩分を摂りすぎてしまう?

サラダにドレッシングをかけすぎたり、お寿司に醤油をたっぷりつけすぎたり、ついつい塩分のきいた調味料を使いすぎてしまいがちですが、人は塩分が多い味付けを美味しいと感じてしまうため、必要以上の塩分を摂ってしまうとのこと。

塩分摂取目標量と現代人の塩分平均摂取量を比較すると、摂取量が明らかにオーバーしています。

その原因、Xにあり!減塩
●18歳以上の男女1日あたりの塩分摂取目標量
男性:8.0g未満、女性:7.0g未満

●18歳以上の男女1日あたりの塩分平均摂取量
男性:11.0g、女性:9.2g

塩分摂取量が多いという生活習慣は、脳卒中や心筋梗塞になる危険性を2割も高めてしまうという報告があります。
そのため、1回の食事で1gでも減塩していくことが大切なのですが、塩分を減らすと物足りなく感じてしまうなら「うま味」が料理に不足している可能性があります。

「うま味」とは?

「うま味」とは、5つの基本味と呼ばれる味の要素の1つ。
うま味の他には、甘味、塩味、苦味、酸味があります。
塩分を減らしてもうま味を足すことで、味を補ってくれるので十分美味しく食べられるとのこと。

その原因、Xにあり!減塩
「うま味の活用による減塩」の実験で、通常のかき玉汁、30%減塩かき玉汁、30%減塩+うま味かき玉汁を食べ比べ、一番美味しいと思うものを選んでもらったところ、通常のかき玉汁は61名、30%減塩かき玉汁は5名、30%減塩+うま味かき玉汁は61名で、「通常のもの」と「減塩+うま味を加えたもの」を選んだ人が同数という結果に。

冬の定番料理「おでん」の減塩方法

塩分の源は「つゆ」。

現代人の塩分摂取目標量とつゆの塩分量を比較した場合、ついつい食べ過ぎると、1食で1日の目標量の半分になってしまいます。
18歳以上の男女1日あたりの塩分摂取目標量で、男性が8.0g、女性が7.0gに対し、つゆの塩分は4.0g!
(おでん一杯あたりのつゆの塩分量2g。2杯飲んだ場合の塩分量で計算)
その原因、Xにあり!減塩

塩分カットにオススメの2つのうま味食材が「パルメザンチーズ」と「かつおだし」。

パルメザンチーズ
深みのある香りと濃厚な味わいが特徴。
うま味成分である「グルタミン酸」が豊富に含まれており、含有量はチーズの中で最も多い。

かつおだし
うま味成分である「イノシン酸」が豊富に含まれており、含有量は様々な食材の中でもトップクラス。
この2つのうま味成分を一緒に摂取する事で、うま味が最大8倍にもなるといいます。

減塩のコツ うま味

減塩おでんの作り方

パルメザンチーズはそのままお鍋に入れないで、袋状にした油揚げの中に入れるのがポイント。
おでんのつゆの素由来の塩分を約5割カットした減塩おでんレシピです。

その原因、Xにあり!減塩おでん レシピ

1、半分に切った油揚げに爪楊枝で裏表15カ所程度穴を空ける。

穴を空ける事で、チーズ臭くならずにうま味だけ抽出できる。

その原因、Xにあり!減塩おでん レシピ
2、4人分の分量の場合、パルメザンチーズを大さじ3杯(約20g)袋状にした油揚げに入れる。
1人分は5g。
その原因、Xにあり!減塩おでん レシピ
3、油揚げを爪楊枝で止めたら、手作りチーズだしパックの完成!
その原因、Xにあり!減塩おでん レシピ
4、水・おでんの素を半分・かつおだしパックを1つ・チーズだしパック・具材を入れて煮込む。

5、沸騰して3~5分経ったらかつおだしパックを取り出す。

ずっと入れていると、苦味が出てしまうので注意が必要!

関連記事

  1. 【サタデープラス】むくみを予防・改善するあずき茶レシピ&トリプル…
  2. 【その原因、Xにあり】足のむくみ解消!巻き肩改善ストレッチ�…
  3. 【その原因、Xにあり】顔のむくみを解消する「ウンパニ体操」のやり…
  4. 【世界一受けたい授業】自宅で簡単にできる!足のむくみを解消するマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Vアップシェイパー

運動が苦手!食べるダイエット派

面倒なことはイヤ!飲むダイエット派

腸の乱れが太る原因!腸活ダイエット

PAGE TOP