バイキング

【バイキング】伊達友美さんのダイエットに効果的な痩せる食べ物の選び方

2015年10月22日のフジテレビ バイキングは、カリスマ管理栄養士 伊達友美さん
が教えてくれる痩せやすい体を作る方法。
太る原因は、量ではなく食事の選び方!?

たんぱく質が多くとれるメニューを選ぶ

痩せやすい体にするには、ペペロンチーノよりカルボナーラを、
野菜サンドよりカツサンドを、チキンカレーよりビーフカレーを食べる。

たんぱく質が多くとれるメニューを選ぶことがポイント!
タンパク質が筋肉量を増やし、基礎代謝が上がります。

カルボナーラの卵とベーコンは両方にタンパク質が含まれ、
カツサンドの豚肉にタンパク質、ビタミンB2が脂肪を燃焼、
ビーフカレーが良いのは鶏肉より牛肉にタンパク質が多く含まれるから。
さらに牛肉に多く含まれるL-カルニチンには脂肪燃焼効果もあります。
L-カルニチンは赤身のお肉に多く含まれています。

1日のタンパク質の摂取量は、両手の手のひら分が目安。

良質の油が摂取できるメニューを選ぶ

痩せやすい体にするには、焼き魚より刺身、アーモンドよりくるみを食べる。

脂肪燃焼を助ける良質の油を摂取すると、代謝が上がり脂肪燃焼効果が
あります。

刺身などの生魚に多く含まれるEPAは内臓脂肪に作用、
くるみのオメガ3に含まれるα-リノレン酸が脂肪燃焼に効果的。
刺身は1人前、くるみは一つかみ程度分を1日に摂取すると良いそう。

糖質の吸収を抑えるメニューを選ぶ

痩せやすい体にするには、飴よりチョコレート、シャーベットよりアイスクリーム
を食べる。

糖質の吸収を抑えると、糖質をとりすぎても太りにくい体になります。

チョコレートはカカオの食物繊維が糖質の吸収をゆるやかに、
アイスクリーには乳脂肪があって、乳脂肪と一緒に消化すると
糖質の吸収がゆるやかになります。

ダイエット効果を高める食べ合わせ

唐揚げにはレモンをかける
酸化した油は脂肪になりますが、レモンのクエン酸は酸化した油を
中和してくれます。

関連記事

  1. 【バイキング】ケトン体質になる!食べて痩せるダイエット鍋とは?
  2. イケメントレーナー伝授!家で簡単にできるトレーニング【バイキング…
  3. 【バイキング】TIドクターズレストラン流!大豆ミートハンバーグレ…
  4. 【バイキング】山本千尋の最新巻くだけダイエット!バンドの巻き方
  5. 【バイキング】腸内フローラを整える白ワインの飲み方&選…
  6. 【バイキング】中島史恵さん愛用の水素水グッズ&薬用重炭…
  7. 【バイキング】出雲の漢方茶「煎じ茶」ダイエット・自宅でできるライ…
  8. 【バイキング】伊達友美先生の帳消しダイエット~食べ過ぎてもコレを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

優光泉

運動が苦手!食べるダイエット派

面倒なことはイヤ!飲むダイエット派

腸の乱れが太る原因!腸活ダイエット

PAGE TOP