バイキング

【バイキング】食べたいものを食べて痩せるちょい足しダイエット

2016年3月17日のフジテレビ バイキングは、食べたいものを食べて痩せるちょい足しダイエット。
教えてくれるのは、管理栄養士の伊達友美さん。
痩せるためには、食事のバランスが大事!

オムライス+パセリ

バイキング ちょい足しダイエット

パセリの「ミネラル」分を補給します。
パセリに含まれる「バナジウム」が、脂質・糖質の代謝を上げてくれます。
ペットボトルのキャップ2個分くらいの量が目安。
生のパセリが苦手な人は「乾燥パセリ」でもOK!

おでん+おにぎり

バイキング ちょい足しダイエット

おでんには、炭水化物が不足しています。
炭水化物は代謝に必要なエネルギー源になります。

おにぎりは「海苔つき」を選ぶと、海苔で食物繊維を補うことができ、血糖値の上昇が緩やかになります。
具は、昆布や梅干しなどがオススメ。

ダイエット中に避けたい具材が「ちくわぶ」。
ちくわぶは小麦粉を練っただけのものなので、栄養がないとのこと。

ダイエット中に重要なのは、タンパク質がとれるかどうか。
おでんの具でいうと、
【動物性】たまご・つみれ・さつま揚げ・はんぺん
【植物性】がんもどき・厚揚げ・豆腐
動物性:植物性=6~7:4~3という、動物性を多めにとるのが理想。

ダイエット中だからと、食物繊維が多い大根・しらたき・昆布・こんにゃくばかりを食べていると、代謝に必要なタンパク質が足りません。

バイキング ちょい足しダイエット

サラダ+マヨネーズ

サラダの味付けで太りにくいのが、和風・フレンチ・ポン酢よりも「マヨネーズ」。
サラダにはタンパク質が不足しているので、マヨネーズに入っている卵のタンパク質を摂取することで、筋肉量を増やして代謝がアップ!
太りにくい体を作ってくれます。
ただし、タンパク質が多く含まれている食事の場合は、サラダの味付けはマヨネーズ以外がオススメ。

パンケーキ+チョコレートソース

チョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」の効果で、血糖値の上昇を緩やかにし、血流を良くして代謝がアップ!
さらに、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを抑えてくれます。

ダイエットにオススメのおつまみ

1位:ビーフジャーキー
赤身の肉で動物性タンパク質が多い。

2位:魚肉ソーセージ
DHA、EPAなどの良質な油がとれる

3位:アーモンドフィッシュ
小魚とアーモンドでミネラル・タンパク質がとれる

関連記事

  1. バイキング!リバウンドしない医学的幕の内ダイエットのやり方
  2. 【バイキング】ゆめみがちのホンマが外食ダイエットで-4.1kg減…
  3. 【バイキング】エリカ・アンギャルさんの美容健康法~スムージーレシ…
  4. 【バイキング】腸内フローラを整える白ワインの飲み方&選…
  5. 【バイキング】腸内環境が良ければ痩せる!太らない腸の作り方
  6. 【バイキング】ケトン体質になる!食べて痩せるダイエット鍋とは?
  7. 【バイキング】伊達友美先生の帳消しダイエット~食べ過ぎてもコレを…
  8. バイキング!若返りホルモンDHEAを作り出すスーパーフード「ヘン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

優光泉

運動が苦手!食べるダイエット派

面倒なことはイヤ!飲むダイエット派

腸の乱れが太る原因!腸活ダイエット

PAGE TOP